流量計の選定は4つの工程で!|様々な現場に関する耳寄り情報

男性作業員

クレーン点検の重要性

クレーン

タワークレーンは、高層ビルや大型建造物の建設に欠かせない重機です。このタワークレーンを操縦を行なう「テレコン」は、年に一回法令点検を行なうことが定められています。点検に関する条例は地域によって異なりますが、安全に業務を行なうためには法令点検の徹底がマストと言えます。テレコンの点検は、これを専門としている業者に依頼しましょう。制御器における分解や清掃、電気的特性の確認や調整、そして受信装置の各種確認作業など、これらを含め、テレコンの内部外部ともにくまなくチェックしていきます。なぜこれほどまでにテレコンの点検が推奨されるのかというと、小さな故障が大きなトラブルを招く恐れがあるからです。現場の規模が大きければ大きいほど、かなり大きなトラブルになりかねません。それを防ぐためにも、タワークレーン及びテレコンの点検は、専門業者に依頼しましょう。

タワークレーンは、サイズが大きい分、劣化している箇所を見落としてしまいがちです。では、主にどのような場所が劣化しているのでしょうか。例えば接点の荒れ、溶着度合い、ブレーキ摩擦粉による絶縁低下、またブレーキの固着など、これらは気付かぬうちに結構劣化の一報を遂げている可能性があります。これらの箇所を見て劣化や不具合を感じたら、すぐに専門業者にクレーン点検を依頼しましょう。変な音がしたり、変な臭いがしたりした場合でも、同様にクレーン点検が必要です。点検を怠ると、トラブルが発生し作業が期日に間に合わなくなる可能性が生じたり、社員が怪我をしたりする可能性が出てしまいます。これらのことから分かるように、クレーン点検はとても重要な作業と言えるのです。